三井住友VISAクラシックカード:三井住友カードNAVI

記事一覧


三井住友visaカードの中でも定番の一枚と言われているのが、クラシックカードです。学生でも持つことはできますが、三井住友visaでは学生や新社会人のためにリーズナブルな年会費と充実した特典が魅力のデビュープラスカードもラインナップしているので、ク…

記事を読む


三井住友visaのクレジットカードには、定番のクラシックカード以外にもアミティエカードやデビュープラスカードなどがありますが、あえて三井住友visaクラシックカードを選ぶメリットはどんな所にあるのでしょうか?まず、三井住友visaクラシックカードは海…

記事を読む


三井住友visaクラシックカードは、三井住友visaの中でも定番の一枚と言われていて、基本的には26歳以上の社会人を対象としているクレジットカードです。年齢が18歳以上25歳以下の学生や新社会人の場合には、年会費がよりお得なデビュープラスカードの方が、…

記事を読む


三井住友visaクラシックカードは、オンラインで入会すると、初年度の年会費が無料になるというキャンペーンを随時行っています。三井住友visaのクレジットカードには、クラシックカード以外にも、学生や新社会人を対象としたデビュープラスカードや、女性専…

記事を読む


三井住友visaクラシックカードでは、1000円の利用で1ポイントが貯まるポイントプログラムが充実しています。ワールドプレゼントと呼ばれているこのプログラムは、貯めたポイントを景品やギフトに交換できたり、他社のポイントやマイルに交換できたり、また…

記事を読む


三井住友visaクラシックカードの中でも「大人の定番」と言われているのが、このクラシックカードです。ネットで入会すれば初年度にかかる年会費が無料になるだけでなく、2年目以降も、利用金額や利用サービスに応じて年会費が無料になったり半額になったり…

記事を読む


三井住友visaが発行するクレジットカードの中でも、最も定番の一枚と言われているのがクラシックカードです。クラシックカードは、26歳以降の社会人を対象としているカードで、初年度の年会費が無料になるだけでなく、2年目以降からも使い方によっては年会…

記事を読む


アーティストグッズ&ツアーグッズ高価買取ハンドメイド通園通学グッズの通販水素水ガイド初心者のための英会話マスターパーソナルトレーニングスタジオガイドバイク旅行.comNURO光 インターネット光回線徹底解説ガイドauひかり:インターネット光回線徹底解…

記事を読む

三井住友visaクラシックカードの年会費無料特典

三井住友visaカードの中でも定番の一枚と言われているのが、クラシックカードです。学生でも持つことはできますが、三井住友visaでは学生や新社会人のためにリーズナブルな年会費と充実した特典が魅力のデビュープラスカードもラインナップしているので、クラシックカードは必然的に26歳以上の利用者が一般的な対象となっています。クラシックカードは、シルバー色をしたカッコイイいクレジットカードで、セキュリティや保険などの特典が充実しているのが魅力。ライフスタイルに合わせていろいろな使い方ができます。

クレジットカードと言うと、年会費がやはり心配なもの。特に普段からクレジットカードをあまり使わない人にとっては、利用してもしなくても必ずかかる年会費は、できるだけ安く抑えたい所ではないでしょうか。クレジットカードの中には、年会費が1万円以上かかるものもありますが、三井住友visaクラシックカードの場合には、年会費はわずか1250円ととてもリーズナブルになっています。

この1250円の年会費を、無料にする方法もあります。方法はいくつかありますが、例えば年間の利用額が300万円以上になる場合には、年会費が完全に無料になります。利用額が100万円〜300万円の場合には、年会費は半額になるので、利用額が多い人にとってはとてもお得な特典と言えるでしょう。

年会費を無料または安くする方法は、他にもまだあります。例えば、毎月の利用明細をWEBで受け取るように設定すれば、それだけで年会費は500円ディスカウントされますし、三井住友visaのマイ・ペイすリボに登録して利用すれば、利用金額の合計に関係なく、それだけで年会費を無料にすることができます。年間に1回以上の利用で条件をクリアできるので、とても利用しやすくなっています。

三井住友visaクラシックカードには、旅行保険の補償内容が充実したクラシックカードAと言うものがありますが、こちらも年会費を無料にする際の条件は定番のクラシックカードと変わりません。賢くもってお得に利用したいですね。ちなみに、三井住友visaクラシックカードをオンラインで申し込む場合には、初年度は誰でも年会費が無料になります。

三井住友visaクラシックカードのメリット

三井住友visaのクレジットカードには、定番のクラシックカード以外にもアミティエカードやデビュープラスカードなどがありますが、あえて三井住友visaクラシックカードを選ぶメリットはどんな所にあるのでしょうか?

まず、三井住友visaクラシックカードは海外旅行傷害保険が充実しているというメリットがあります。クラシックカードの場合には、旅行にかかる費用を三井住友visaクラシックカードで支払った場合には最高で2000万円までの海外旅行傷害保険が適用されますし、補償内容がより充実しているクラシックカードAの場合には、旅行代金をカード払いしなくても補償を受けることができるという充実ぶりが魅力となっています。また、ショッピング保険は年間で100万円まで補償されるので、万が一の時にも安心です。

さらに、三井住友visaクラシックカードを持つと、セキュリティが充実しているので大きな安心感を持つことができます。クレジットカードの利用は24時間体制で監視されていますし、不正利用が行われた場合にはカードの支払補償もついています。悪用されたり犯罪に使われた利用分については、支払う責任がない事は、クレジットカードを持つうえでは大きな安心感になりますね。クレジットカードを選ぶなら、万が一の時に十分な補償が付いているカードを選んだほうが良いのです。三井住友visaクラシックカードは、そんな人にピッタリの一枚と言えるでしょう。

三井住友visaクラシックカードは他にもメリットがあります。それは、他社のクレジットカードと比べると年会費がとてもリーズナブルと言う点です。クレジットカードの中には、年会費が1万円以上かかるものも多く、カードをほとんど使わない人にとっては、年会費だけでも大きな出費になってしまう事が少なくありません。しかし、三井住友visaクラシックカードの場合には、年会費は1250円ですし、年間の利用金額によって無料になったり半額になったりする特典もついていますし、特定のサービスを利用することで年会費が割引になることもできるので、お得にカードを持てるのがメリットです。

三井住友visaクラシックカードの学生審査

三井住友visaクラシックカードは、三井住友visaの中でも定番の一枚と言われていて、基本的には26歳以上の社会人を対象としているクレジットカードです。年齢が18歳以上25歳以下の学生や新社会人の場合には、年会費がよりお得なデビュープラスカードの方が、審査は厳しくないので持ちやすくなります。しかし、定番の一枚となるクラシックカードは、カードを持っていることによる特典や補償サービスがとても充実しているので、学生でも三井住友visaクラシックカードを持ちたいという人は少なくありません。

学生が三井住友visaクラシックカードを作る場合には、クラシックカードもしくは海外旅行損害補償が充実しているクラシックカードAのどちらかを選ぶことができます。クレジットカードは、どんな種類のカードでもまず最初に審査が行われ、安定した収入があるかどうか、就職先や勤続年数などによってカードを持てるかどうかが決まりますが、学生の場合には、仕事をしているわけではありませんから収入があるわけではないですし、勤続年数や就職先もなくて当然。しかし、三井住友visaクラシックカードの場合には、学生でも審査に通ることができます。

クラシックカードを持つための学生の条件は、18歳以上で学生をしていて、学生証が発行されていることが条件となります。学生と言っても科目履修生や聴講生、研究生などは対象外となりますし、予備校に通っている場合にも学生と言う扱いにはなりません。また、専門学校の場合には、認定校の場合には学生と言う扱いになりますが、認定校以外の場合には学生と言う枠で三井住友visaクラシックカードを申し込むことはできないので注意してください。

学生が三井住友visaクラシックカードを申し込む場合、学生証のコピーを提出することになります。また、申し込みの際には保護者の同意書が必要となるので、合わせて送付するようにしましょう。必要な書類が全て提出されていれば、学生でも審査は問題なく通ることができて、三井住友visaクラシックカードを持つことができます。

三井住友visaクラシックカードのキャンペーン

三井住友visaクラシックカードは、オンラインで入会すると、初年度の年会費が無料になるというキャンペーンを随時行っています。三井住友visaのクレジットカードには、クラシックカード以外にも、学生や新社会人を対象としたデビュープラスカードや、女性専用のアミティエカードなどがありますが、定番の一枚と言われているこのクラシックカードは、三井住友visaの中でも最もスタンダードなカードで、特典が充実しているのが特徴です。

三井住友visaクラシックカードのキャンペーンですが、いつも行われているキャンペーンは、ネット入会して初年度の年会費が無料になるというものですが、その他にもたくさんのキャンペーンが行われていますから、タイミングが良い時に入会するという方法もおすすめです。どんなキャンペーンがあるかと言うと、入会すると1000円分のギフトカードをもらうことができたり、様々なサービスを利用することによってギフトカードの金額がアップして、最大6000円分までもらえるビッグなキャンペーンが開催されていることもあります。

三井住友visaクラシックカードは学生でも社会人でも誰でも持つことができますが、もしも年齢が18歳以上25歳以下の場合なら、クラシックカードではなく、年会費がよりお得なデビュープラスカードを選ぶことによって、より大きなキャンペーンに参加することも可能です。デビュープラスカードに加入すると、なんと最大で10万円までのキャッシュバックがもらえるキャンペーンが開催されていて、10万円のキャッシュバック以外にも、1万円や500円など少額のキャッシュバックサービスがあるので、当選する可能性も大。もちろん、デビュープラスカードを持っていても、年齢が26歳になれば自動的にクラシックカードへの切り替えとなりますから、心配はありません。

三井住友visaクラシックカードのキャンペーンは、三井住友visaの公式サイトでチェックすることができます。気に入ったキャンペーンが開催されている時に入会するのも良いですし、入会している会員を対象としたキャンペーンも行われているので、ぜひエンジョイしてくださいね!

三井住友visaクラシックカードのポイント還元率

三井住友visaクラシックカードでは、1000円の利用で1ポイントが貯まるポイントプログラムが充実しています。ワールドプレゼントと呼ばれているこのプログラムは、貯めたポイントを景品やギフトに交換できたり、他社のポイントやマイルに交換できたり、また、キャッシュバックとしてクレジットカードの返済に充てることもできる便利なプログラムとなっています。

ポイント還元率ですが、集めたポイントを何に交換するかによって、還元率は異なります。三井住友visaクラシックカードのポイントは2年間有効なのですが、基本的には最低でも200ポイント貯めなければ還元することができないため、まずは200ポイントを目指して貯めることから始めましょう。最低ラインの200ポイントをためて、クレジットカードの支払にあてるためにキャッシュバックとして還元する場合には、キャッシュバックは600円相当となり、還元率は0.3%となります。

また、同じ200ポイントでも、キャッシュバックではなくiDやEdy1000円分に交換すると、還元率は少しアップして0.5%となります。還元率をアップするためには、少ないポイントを交換するよりも、できるだけポイントを多く貯めてから交換したほうが還元率が良くなりますし、キャッシュに交換するよりも、ギフトや景品に交換したほうが、還元率は良くなります。

マイルに交換する場合には、最低100ポイントから交換することができます。どこの航空会社でも良いというわけではなく、ANAをはじめとする提携航空会社でなければいけませんが、100ポイント貯めると3マイルに交換してもらうことができるので、よく飛行機を利用するという場合には、ぜひマイルに交換するのも良いでしょう。

三井住友visaクラシックカードでは、カードを利用して2年目以降は、利用金額に応じてボーナスポイントが適用される仕組みになっています。5万円の利用でボーナスポイントをゲットできるので、よくカードを利用する人なら、ポイントも速やかに貯まりそうですね。

三井住友visaクラシックカードのマイル

三井住友visaクラシックカードの中でも「大人の定番」と言われているのが、このクラシックカードです。ネットで入会すれば初年度にかかる年会費が無料になるだけでなく、2年目以降も、利用金額や利用サービスに応じて年会費が無料になったり半額になったりするサービスを受けることができるお得なクレジットカードです。年会費を支払っても1250円なので、他のクレジットカードと比べてとてもお得なのですが、年間の利用金額が300万円以上を超えた場合には、年会費が無料になり、100万円以上の利用で半額となり、また、毎月送られてくる明細書をWEBサービスで利用すれば、年間の利用金額に関わらず500円の割引サービスを受けることができます。その他にも、マイ・ペイすリボへ登録した利用すれば、それだけで年会費を無料にすることも可能です。

それだけではありません。三井住友visaクラシックカードは、クレジットカードの利用でためたポイントを、マイルに還元することができるカードです。旅行が大好きで、飛行機の利用が多い人にとっては嬉しい特典ですね。マイルに交換する場合には、ポイントを最低でも200ポイント貯める必要があります。三井住友visaクラシックカードの場合には、1000円の利用で1ポイントたまる仕組みになっていて、ポイントの有効期限は2年間となっているので、ポイントをコツコツためてマイルに交換するのも良いでしょう。

ちなみに、交換できるマイルは、どこの航空会社でもOKと言うわけではありません。提携している航空会社に限定されるので、よく利用する航空会社のマイルに交換できる場合には、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?普段利用している航空会社のマイルに還元できない場合や、マイルを貯めたくないという場合でも大丈夫です。三井住友visaクラシックカードでは、景品やギフトに交換することができたり、貯めたポイントをキャッシュバックとして、クレジットカードの支払いに充当することができます。また、他社のポイントプログラムに移行することもできるので、ライフスタイルに合わせてりようしやすい方法で還元してくださいね。

三井住友visaクラシックカード クラシックカードAとの違い

三井住友visaが発行するクレジットカードの中でも、最も定番の一枚と言われているのがクラシックカードです。クラシックカードは、26歳以降の社会人を対象としているカードで、初年度の年会費が無料になるだけでなく、2年目以降からも使い方によっては年会費が無料になったり半額になるなど、お得なサービスが盛りだくさんのカードとして人気があります。ちなみに、年会費がかかる場合でも、その金額は1250円ととってもリーズナブルなので安心です。

三井住友visaクラシックカードには、海外旅行保険が付帯されているので、海外旅行によく出かける人ならとってもお得に利用することができます。補償内容ですが、三井住友visaクラシックカードでは最高2000万円までの海外旅行傷害保険が付いています。もっと補償内容を充実したいという人にオススメなのは、クラシックカードAと言う少しアップグレードしたカードがあります。クラシックカードAは、定番のクラシックカードと比べると年会費が1250円ではなく1500円と少しだけ高くなりますが、海外旅行傷害保険の補償額は2500万円とたっぷり充実しているのが特徴です。

クラシックカードもクラシックカードAも、三井住友visaカードを作ると自動的に保証が付帯されています。海外旅行中には三井住友visaのサービスデスクへ連絡しなくても自動的に保証期間がスタートする点もとっても便利なのですが、条件によっては保証が変わってしまう事があるので気を付けなければいけません。

まず、クラシックカードで旅行傷害保険を利用するためには、航空券の代金やツアー料金を三井住友visaカードで支払っていることが条件となります。現金払いをしたり銀行振り込みで支払うと、補償を受けることができないので気を付けましょう。また、クラシックカードAの場合には、カードで支払っていれば補償額は最高の2500万円までを受けることができますが、他の支払い方で支払う場合には、補償額が減額されていまうという制限がついています。気をつけてくださいね。
Copyright © 三井住友VISAクラシックカード:三井住友カードNAVI All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます